メイクチェンジ!

今回は イメージの異なる3スタイルの撮影でした。

 

さあメイクスタート!

というところで モデル さんからリクエスト。

肌が弱くて 毎回のメイクのフルチェンジは NG とのこと。。

 

そこで考えます。   撮影の流れを考えます。

メイクのクオリティー、作品のクオリティーは絶対下げません。

モデルさんのテンションも 絶対下げません!

 

メイクを落とさずに チェンジする方法。

ライトなメイクから初めて どんどん質感を足してゆきます。

頭の中では

シマーな素肌 → きっちり艶肌 → ソフトなマット肌

という感じ。

 

アイメイクは軽く落とせる範囲で。

リップは毎回チェンジ。    という判断。

 

もちろんモデルさんにも確認します。

こんな時に英語が役立ちます。

 

で こんな感じっ。

 

1っ個め!

健康的で ちょっとカーリーなイメージ。

肌はスキンケアしっかりで  キメ、ツヤ、本人の血色アップ!

眉毛、睫毛、リップは きっちりして 幼くならない様に。

 

2個めっ!

しっかり作った肌感と、赤い艶リップで エレガントに。

で、紫で さらにミステリアスな雰囲気をトッピング!

 

最後 3個めっ!!

強めのキャラクターに。

 

(そのままパウダー載せると重い印象の肌になってしまうので)

毛羽立たせたコットンで軽く表面のファンデーションを絡め取ってから

ブラシで軽ーく パウダーON!

(ブラシにパウダーを少しだけ、ほんの少しだけ取って顔の鏡面を磨く様に? ブラシして行くのがコツ)

目元のは 2つめの影部分を生かして 色を濃く。

目頭はポイントでクレンジして イエロー。

ここはしっかり 色を落としておかないと黄色がくすんでボケてしまいます。

 

 

という感じで 最小限の手数でメイクを組み立ててゆきます。

まずは 自分の頭の中で組み立てて行きますが

(そのまま足すところ、一回落とすところの見極め!大事。)

モデルさんの不安を解消しながら 丁寧に仕事したいですね。

 

コミュニケーションも 人を美しくする大事なスキルですね。

 

というわけで

すっかりメイクを気にいってくれた彼女は

3つめのメイクのまま帰ってゆきましたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す